Skip to content
プロアングラー・村上晴彦&赤松健を擁する
ルアーブランド・ISSEIの情報サイト

ISSEIルアー誕生Episode 柔軟な発想が生んだ『ピンクロウスティック』

〈この記事を音声読み上げで聴く〉
isseiにおけるフワ釣りのスタンダードワーム。それが『ピンクロウスティック』だ

『ピンクロウスティック』はISSEIで最初にリリースされた3つのワーム(残り2つは『スパテラ』『bibibiバグ』)のひとつ。

どういった経緯で誕生したのだろうか? その知られざるエピソードを村上氏に聞いてみた。

「これはスティックベイトにザリガニというモチーフを落とし込んで造ったワームです」

一見すると形状はザリガニが想像できるが、水中での動きはザリガニを真似たものではないという。

「もともとスティックベイトのテールをダブルのピンテールにしたものがフワ釣りで効くことを確信できてたんですよ。そこにISSEIの立ち上げが重なって、ロゴでもある、Green Crayfish(ザリガ二モチーフのデザイン)のイメージが合わさったって感じですね」

スティックベイトというと、シャッドやフィンなど小魚をイメージしたテールを持ったものも多い。実際に村上氏がかつて手がけた、スティックベイトの『スティックシャッド』(常吉)もシャッドテールを搭載している。一方で『ピンクロウスティック』は甲殻類の触角がテールになっている。テールというワードから「尾」をイメージしやすいが、それはイメージなだけ。触角であってもなんの問題もない。

『スティックシャッド』。復刻を望む声も多い村上氏の創作ルアーのひとつ

「2本のピンテールがザリガニの触角だとひらめいて、そこから全体的な形状がいろいろ脳内を巡りました」

スティックベイトは棒状に近いワームなので、デザイン的には爪や長い脚を持つザリガニとはかけ離れている。しかしそんな2つを村上氏は見事に融合させてしまった。

だが、それだけで完成とはいかなかった。

「スティックベイトだから本来、脚はなくてもいいんですが、片側に3本ずつ、6本の小さな脚を付けたんです。意味不明な脚に見えるんですが、ゆっくり引っ張ったらピリピリと動く。魚には何か動いてるぞと感じさせることができる。僕はエビのエラの動きをイメージしてるんです」

生きたエビを水中で見ると、たしかにエラを動かしている。しかしごくわずかな動き。それが魚にどんな作用をもたらすのだろうか?

「たとえばモエビを使ったエサ釣りをするとわかるんですが、活きがいいエビと、弱ったエビだと魚の食いに格段の差が出ます。もちろん活きがいいほうが釣れます。活きのいいものはエラも動いている。あの脚には魚にワームが活きているもののように思わせる効果があるんですよ」

ウキ釣りで使われるモエビ。ピンピンと跳ねる動きと、エラをわさわさと動かす波動が魚を誘う

またこの脚が生み出す動きには副次的効果もあったという。

「ブルーギルがこの脚が大好きみたいでついばむんですよ。そのときにワームを引っ張るのでイレギュラーな動きになる。これが効くのか、そのあとにバスがアタってくることがよくあるんです」

柔軟な発想が生み出した『ピンクロウスティック』。小さな脚による魅惑の誘いを体感してみよう。

↓合わせてご覧ください。

『スパテラ』誕生エピソード

『bibibiバグ』誕生エピソード

高比重の『ピンクロウスティック 4in ヘビーソルト』も2023年にラインナップ入りしている。

ISSEI創設時のルアーのひとつ。2013年に公開されたころの映像がチェックできます
24:45あたりから『ピンクロウスティック 4in ヘビーソルト』に解説がチェックできます
Related Articles

情熱と理想と追求の具現化 赤松健 × Lycoris(リコリス)

2022年、ISSEI初のバスロッドブランド「Lycoris(リコリス)」(以下:リコリス…

ISSEIルアー誕生Episode 銘作『スパテラ』は1週間で生まれた!?

↓音声読み上げは「▶︎」をクリック 2013年にスタートしたISSEI。最初…

トップへ戻る
error: Content is protected.