Skip to content
プロアングラー・村上晴彦&赤松健を擁する
ルアーブランド・ISSEIの情報サイト

アジが入れ喰い! そのワケは「仕掛け」にあり 『海太郎 レンジ移動式バチコン仕掛け』炸裂! ボートアジング in 北九州洞海湾

今回は、村上氏初となる、北九州洞海湾でのボートアジング。

後ろに見えるのは洞海湾に架かる若戸大橋。湾内のアジを狙う

この海域で周年アジを追っている遊漁船「Saeflow」さんにお世話になった。

狙うエリアの水深は15〜18mと船釣りとしては浅め。アジが浅いレンジに浮いてくることも多いそうで、ジグヘッドリグ(ジグ単)、キャロライナリグで挑む人が多いと船長の伊藤氏は教えてくれた。

さて、村上氏はどうするのか? バッグから取り出したのは…自身考案の『レンジ移動式バチコン仕掛け』。通称「レンバチ」だった。

幹糸、ハリスともに1.5号のタイプと、幹糸が1.2号でハリス1号のタイプがある。全長や枝鈎の長さは一緒

この仕掛けは、全長180cmの幹糸に枝鈎が1本出ている、一見シンプルな胴突き仕掛けだが、考案したのが村上氏ゆえに単にシンプルなワケもなく、独自のギミックが搭載されている。

そう、それが製品名にもなっている「レンジ移動式」システムである。

枝鈎を上下にスライドさせて好きなレンジに枝鈎を設定できるのだ。オモリ近くにすればボトムスレスレが狙えるし、リーダーとの結束部近くにすれば海底から180cm上のレンジを狙うことができる。

ちなみにジグヘッド(『レベリングヘッド太軸金鈎』0.3g)がセット済みなのでお好きなワームを装着すればすぐに使える便利仕様。潮流や水深に応じたシンカー(オモリ)をセットすれば釣り開始! というわけだ。

「その前にこうして…」

村上氏は幹糸上部のスイベルをカットした。通常はこのスイベルにリーダーを結んで使うのだが、村上氏スイベルを切って、直接リーダーと結束(結束にはブラッドノットがいいそうな)していた。

「こうすると結束部がガイドを抜けるので巻き込めるんですよ。キャストするのにも投げやすいし、短めのロッドでも仕掛けが扱いやすくなる」

ワームには2インチの『スパテラ』。カラーは「#054 アジンググリーン」を選択。

船長の合図とともに仕掛けを投入。ボトムにシンカーが着いてワンアクション入れたところでアタリ。フッキングも決まって24cmクラスの良型アジが上がってきた。

1投目からアジが釣れる。シンカーがボトムに着くまでにアタリが多かったと村上氏。そういう場合は魚が多いのだとか

「これは(アジが)いっぱいおるわ」

村上氏がそう言ったあと、まさに入れ喰い状態に! ワームのカラー、種類を替えてもアタるアタる! しかし入れ喰いは村上氏だけでほかのお客さんはぽつりぽつりとヒットする程度。この差はなんだろうか?

シンカーがボトムに着けば釣れる! 「こんなに釣ったらなんかアジングうまい人っぽく見えるやろ(笑)。ちゃうねん、仕掛けがすごいだけ」
この日はメインロッドは碧ライトゲームシリーズの追加される予定の「IUS-50XLS5ft Multi」というショートロッドのプロトモデル。操作性、感度に優れるモデル。レンジ移動式バチコン仕掛けとの相性も◎
『スパテラ』1.5〜2.5インチに『バルキースパテラ』『シルキーシャッド』『サビキ的』とローテ。村上氏いわく「偏食はなかったね。とにかく仕掛けが効いてた感じ」
足元にアジ水槽を作る。3時間で納竿だが、どこまで増やせるか?

「魚のレンジと仕掛けがピタっとハマった感じやね。レンジ移動式バチコン仕掛やったら誰でも釣れると思うよ」

ためしに村上氏がキャロライナリグに変えてみると、釣れはするものの、ヒットペースがガクンと落ちた。レンジ移動式バチコン仕掛に戻すとまた入れ喰いに。

キャロも投じてヒットさせるがペースがガクンと落ちる。「これはこれで操作して食わせるのがおもしろいけどね」

「船は動くから、キャロやジグ単だと、流されてレンジやコースをキープしにくいんやろうね。レンジ移動式バチコン仕掛けはシンカーをボトムに着けて誘えるから、アジがワームを食いやすいんやと思うよ」

というわけで「レンバチ」に戻して入れ喰いを堪能
数えきれないアジがバケツいっぱいに。釣果は同船したみなさまにプレゼント

おまけに、この日のアジはボトムで食っていたので重いシンカーを使うレンジ移動式バチコン仕掛けなら手返しもいいというわけ。

入れ食いにはきちんと理由があるのだ。

当日の連発劇をご覧ください!
Related Articles

タチウオは苦手! そんな村上晴彦が本気で作った専用ルアー『海太郎 カタクチワームセット 太刀魚仕様』

「僕にとってタチウオってちょっと前まで苦手意識がある魚やったんですよ。それが少し解消される…

なぜか相性がいい? 村上晴彦と島根県浜田市

ボウズになったことがない、記録魚を釣ったなど、釣り人には誰しも「相性がいいフィールド」とい…

釣果を分ける些細で大きな違い ワームの「サイズ」 と「カラー」 ライトゲーム編

数年前の広島でのアジングで村上氏が見せてくれたワームのサイズとカラーの大切さがわかるエピソ…

トップへ戻る
error: Content is protected.