Skip to content
プロアングラー・村上晴彦&赤松健を擁する
ルアーブランド・ISSEIの情報サイト

一線を画すSLJロッド 大貝俊也✖️村上晴彦コラボレーションモデル『海太郎 ネコシャフト IUxBT-73ULS』

手軽なオフショアジギングとして人気の「SLJ(スーパーライトジギング)」。

本格的なジギングに比べてライトなタックルに、30〜60gのメタルジグを操り、イサキ、マダイ、中型までの青物、根魚などを狙っていくスタイルである。

海太郎ブランドにもSLJ対応ロッドが3種類ラインナップされている。

『海太郎 「碧」 IUS-70LS/LG-Offshore2』
『海太郎 「碧」 IUC-70LS/LG-Offshore2』
『海太郎 ネコシャフト IU×BT-73ULS』

この3種のうち、『海太郎 ネコシャフト IU×BT-73ULS』は、beat(現&beat)とISEEIのコラボレーションロッドとして「碧」シリーズとは一線を画す仕様となっている。

碧シリーズの根幹にあるのは「誰でも楽しく使いやすいこと」だが、ネコシャフトは「繊細かつ多彩にジグを操ること」を突き詰めて仕上げられている。つまり使い手を選ばないのが「碧」。特徴を理解したうえで使うことで性能を発揮できるように仕上げられたのが「ネコシャフト」というわけだ。

現物を見てみるとその理由に納得させられる。

ティップは高弾性のカーボンソリッド。SLJ専用とはいえ、およそジギングロッドとは思えぬ細さだ。これがリーリングしたときにジグの挙動を鮮明に感じさせてくれるだけでなく、ジグを跳ね上げたあとのフォール時にごくわずかにテンションをかけておけば魚が絡みつくような違和感のようなアタリをとらえることができる。

バットジョイントの2ピース。ブランクスのパワーを最大限活かすためと携行性を確保するための選択と村上氏

この繊細なティップをチューブラーのブランクスにきれいにつなぎ、ティップからバットにかけてスムーズにベンディングするテーパーデザイン。このベンディングによるパワーをフルに発揮できるよう、村上晴彦氏独自のガイドセッティングを採用。これにより繊細さと強靭さを合わせ持たせることができた。

スムーズなベンディングはシャクリに関しては水中のジグに艶かしい生命感を与えるだけでなく、ジグそのものポテンシャルを最大限に引き出してくれる。一方で魚がヒットした場合は引きに追従して曲がり込んで粘る。このおかげで口切れ・身切れを防いでくれる。

繊細な釣りができるということは、ロッドも繊細ということ。特性を理解して使うことが前提のロッドだ

ティップ、ベリー、バットにそれぞれに仕事をさせることもできるし、すべてを合わせた使い方もできる。繊細に多彩に。まさにセンシティブモデルである。

少々の魚にはパワー負けしない。強靭さも併せ持った1本

「この1本は、たぶん僕だけじゃできなかった。大貝さんの経験値と感性があってこそできたんですよ」

実は、開発当初のネコシャフトは全体的にもっとしなやかな調子の設計だったという。

大貝俊也氏(左)と村上氏。2人の関係性があってこそ生まれたのだ

「それも十分よかったんですけど、大貝さんが『これはどうだ?』と試作してくれたのが『ネコシャフト IU×BT-73ULS』の原型になったロッドだったんです。若干バットに硬さが加えられていました。大貝さんの感覚と経験から、このほうが使いやすいし、80gのジグも扱いやすい結論に至ったんでしょうね。実際に使ってみると、それまでより幅が広がった感がありました」

あとはこのブランクスに村上氏がガイドをセッティングを施して最終調整を行って完成に至ったというわけだ。

ロッド作りは、設計、素材、技術が噛み合ってはじめて形となるが、そこにアングラーの感性と経験値がくわわることで唯一無二のものとなる。

『海太郎 ネコシャフト IU×BT-73ULS』

これはまさにそれを体現したロッドといえるだろう。

村上氏と大貝氏の感性と経験が融合した唯一無二の1本それが『海太郎 ネコシャフト IU×BT-73ULS』だ
追加モデルも登場! いざジギングの深淵へ
初となるベイトモデルも登場!
Related Articles

タチウオは苦手! そんな村上晴彦が本気で作った専用ルアー『海太郎 カタクチワームセット 太刀魚仕様』

「僕にとってタチウオってちょっと前まで苦手意識がある魚やったんですよ。それが少し解消される…

なぜか相性がいい? 村上晴彦と島根県浜田市

ボウズになったことがない、記録魚を釣ったなど、釣り人には誰しも「相性がいいフィールド」とい…

釣果を分ける些細で大きな違い ワームの「サイズ」 と「カラー」 ライトゲーム編

数年前の広島でのアジングで村上氏が見せてくれたワームのサイズとカラーの大切さがわかるエピソ…

トップへ戻る
error: Content is protected.