Skip to content
プロアングラー・村上晴彦&赤松健を擁する
ルアーブランド・ISSEIの情報サイト

コンセプトは「魚の腹筋」 ルアーに生命感を宿すISSEI謹製「筋肉ホログラムシート」に迫る

メタルジグの多くに採用されているホログラムシート。見る角度によって千変万化のフラッシングを生み出し、シートにカラーを上乗せすることで、幅広いアピール力を持たせることができ、さまざまなベイトの姿も演出しやすい。

旧モデルの「ネコメタル」にもホログラムシート加工が施されていた。4つともまったく違う輝きを放っている

ホログラムシートにはドット柄、ボックス柄、クラッシュ柄など、いくつもの柄パターンがあるのだが、村上氏にはかねてから実現したい柄のホログラムシートがあった。

それは「魚の腹の筋肉」を模した柄。理想は青魚の腹。イワシ、アジ、サバなどである。これらはターゲットのベイトにもなっている魚だ。

良型のアジの腹の筋肉は模様のよう。村上氏が求めたのはこれだったのだ

「筋肉の上に魚皮、それでウロコが重なって独特の模様と光沢を造り出すんですよ。釣ったアジの腹の筋肉がきれい見えるときは、たまらんな〜と思います。ホログラムなら、それに近いものができるだろうと思いました。で、ホログラムシート製造のプロフェッショナルメーカー『村田金箔』さんに協力してもらい、造ることになったんですよ」

完成までにはかなりの時間を要したと村上氏。腹の筋肉をイメージするデザインは描いたが、ホロの輝き方に納得がいかなかったという。

「アワビの貝殻の裏の光沢あるでしょ。あの光り方が理想やったんですよ。やっぱ難しいんかな〜と思っていたけど、村田金箔さんの技術のおかげで満足いくものができました」

できあがったホログラムシート。平面で見ると波形のデザイン

これを村上氏は「筋肉ホロ」と呼んでいる。

できあがったシートを当時リニューアルさせるべくテストを進めていた『海太郎 ネコメタル』にまとわせると、そこにはまさに青魚の腹の筋肉が再現され、最高のリニューアルとなった。

腹の部分がアジの腹と同じような模様に。魚の頭のデザインもくわえて『ネコメタル』はリニューアルされた

「筋肉ホロをまとわせるだけでも十分よかったんやけど、もっと生命感を持たせようと思って、トップヘビー側だけ魚の顔を描くことにしたんです。実在してへん魚やけどね。僕の手描きをベースにしたデザインです」

村上氏はルアー造りにおいて生命感を持たせることをとても大切にしている。筋肉ホロも魚のデザインもそのためのものなのだ。

「できあがっていくと無機質だったものに生命が宿るんです。そんでルアーになる。水中で動く姿が想像できるようになってきて、造り手もワクワクするんですよ。その感覚はユーザーにも『これは釣れるぞ』ってワクワク感を持ってもらえると考えてます」

今後も村上氏の創り出すルアーに宿される生命感が楽しみである。

関連動画:【村上的】#密着編 新たな誕生に密着「超リアル〇〇の完成」【一誠×村田金箔】

ネコメタルロングにももちろん筋肉ホロが採用されている
筋肉ホロをベースに、タチウオカラーも登場
サクラマス、ビワマスカラーもラインナップ!
Related Articles

タチウオは苦手! そんな村上晴彦が本気で作った専用ルアー『海太郎 カタクチワームセット 太刀魚仕様』

「僕にとってタチウオってちょっと前まで苦手意識がある魚やったんですよ。それが少し解消される…

なぜか相性がいい? 村上晴彦と島根県浜田市

ボウズになったことがない、記録魚を釣ったなど、釣り人には誰しも「相性がいいフィールド」とい…

釣果を分ける些細で大きな違い ワームの「サイズ」 と「カラー」 ライトゲーム編

数年前の広島でのアジングで村上氏が見せてくれたワームのサイズとカラーの大切さがわかるエピソ…

トップへ戻る
error: Content is protected.