Skip to content
プロアングラー・村上晴彦&赤松健を擁する
ルアーブランド・ISSEIの情報サイト

水面を意識したメバルを誘い出す! NEW『海太郎 アメペン(仮)』でメバル連発! in 瀬戸内海

ある日の冬の瀬戸内オカッパリメバリングのこと。

夜、常夜灯の明かりが照らす、水面にはメバルがベイト追って、水飛沫と水音、波紋を立てていた。

これはプラグが効果的になるケース。

村上氏が取り出したのは『アメミノー48SR-SF』。スローフローティングタイプの小型ミノーで水面付近を攻略するのに欠かせないものだ。

明かりに照らされた水面よりも遠くへキャスト。暗部から明部へアメミノーをリーリングして引き込み、そのままメバルがいた辺りを通してみるが反応がない。

この日、別な場所では『アメミノー48SR-SF』が好調だった。投げてみるのも当然

ルアーを回収すると、嘲笑うかのようにメバルが水飛沫を立てる。

同じようにアメミノー48SR-SFを投じてスピードを緩めてリトリーブするが、やはり反応がない。

「じゃあこれか?」

村上氏が投じたのは『アメペン(仮)』。

テスト最終段階を迎えた、ペンシルベイトとポッパーの特徴を併せ持った小型プラグである。

キャストしてリトリーブ。水を押す強さはアメミノー以上。しっかりとした存在感を遠くからも感じることができる。

しかし反応がない。

そこで村上氏は次のキャストでは軽くトゥイッチを入れる。

アメペンのフロント部が水を受けてスプラッシュを起こす。数回スプラッシュを起こしてステイ。

「おっ、きた!」

明らかに反応が違っていた。動きやシルエットが変えれば魚の反応も変わるのだ

ジャボッ! という水音と水飛沫とともにロッドが曲がった。

上がってきたのは背中のブルーが美しい良型のメバルだった。

このあと「アメペン」のスプラッシュ&ステイでメバル連発!

巻いてよし、動かしてよし、止めてよしの「アメペン」。SWライトゲームがますます楽しめそうだ。

Related Articles

タチウオは苦手! そんな村上晴彦が本気で作った専用ルアー『海太郎 カタクチワームセット 太刀魚仕様』

「僕にとってタチウオってちょっと前まで苦手意識がある魚やったんですよ。それが少し解消される…

なぜか相性がいい? 村上晴彦と島根県浜田市

ボウズになったことがない、記録魚を釣ったなど、釣り人には誰しも「相性がいいフィールド」とい…

釣果を分ける些細で大きな違い ワームの「サイズ」 と「カラー」 ライトゲーム編

数年前の広島でのアジングで村上氏が見せてくれたワームのサイズとカラーの大切さがわかるエピソ…

トップへ戻る
error: Content is protected.