Skip to content
プロアングラー・村上晴彦&赤松健を擁する
ルアーブランド・ISSEIの情報サイト

瀬戸内のオカッパリで良型チヌを「サイト」で連発! 秘訣は「距離感」と「音」

数年前の瀬戸内釣行でのこと。

明るいうちにフィールドチェックするべく、ラン&ガンしていると、村上氏はふと湾奥のシャロー帯に目を向けた。

水深は50cmもないであろうシャロー帯。そこにいたのは良型のチヌだった。

「あのチヌ、釣れるヤツやな」

チヌはエサでも探しているのか、ボトムを意識しながらウロウロしている。

底が見えるシャロー帯。チヌがいてもあまりの浅さにスルーしそうなものだが…

村上氏は『ハネエビヘッド』2gに『ハネエビ』をセットして、すっとチヌとの距離を詰めて、チヌから少し離れた所へ『ハネエビ』をキャスト。

チヌの横をエビが跳ねるように通すとチヌが反応! そして『ハネエビ』をくわえた瞬間、村上氏はアワセを入れてロッドを曲げる!

思い通りに食わせてヒット! 横走りして楽しませてくれた
季節は6月なかば。チヌがエサを求めて浅い砂地へ入ってきやすい時期。とはいえさくっと釣れるほど甘くはないはず

「よしよし、やっぱり食うヤツやったね〜。エビがおった! って感じで食ってきたよ」

釣り上げたのは40cmオーバーの良型チヌ。口には『ハネエビ』がしっかり掛かっていた。

そして圧巻だったのがここから。村上氏はチヌを見つけては同じ釣り方でヒットさせていくのだ。

圧巻というか鳥肌もの。動画撮影してなかったことが悔やまれる! ちなみにロッドは初代ライトゲームオフショア

わずかな時間で4連続ヒット! 45cmオーバーも混じる好釣果だった。

「満足満足🎵」。このときはここで同じ釣りをすれば自分にもチヌが釣れる! と、編集部スタッフは思っていた
ちなみにハゼも見えたので狙ってみたら食ってきた。「ハネエビのダートはいろんな魚が好きやねん」

「見える魚は釣れない」

そんな言葉があるが、村上氏には通用しないのかもしれない。

「たまたまやろ。ハネエビが優秀やったんやで」

村上氏はそう言うが、この出来事、『ハネエビ』が優秀だったから…だけで終らない。

知っておいてほしい「事実」がある。

実は、この釣行の数日後、サイトでチヌ連発を味わうべく、編集部スタッフが同じ場所へチヌを狙ってこっそりと釣行したのだ(別にこっそり行く必要はないのだが)。

シャロー帯には案の定チヌがいて、うろうろしながらエサを探していた。

【しめしめ、あのときとまったく同じ状況だ】

さっそく『ハネエビ』2gを準備してチヌに気取られないよう近づいたつもりだったが、チヌはこちらの気配に気づきサッと逃げてしまった。

2gのほかに3gと5gも用意していったのに、ヒットはおろか、そもそもチヌと勝負すらしてもらえなかった

村上氏の距離感を意識したつもりだったが近づきすぎたようだ…。

気を取り直して歩いていくとチヌを発見! 今度は気取られないよう、遠目から『ハネエビ』をキャストする。するとチヌよりもわりと遠くへ着水させたのにチヌがさっと逃げてしまった。

きっと着水音が大きかったのだろう。

村上氏の着水音が「チャッ」なら、編集部スタッフのは「ジャボッ」という感じ。

このあともチヌを見つけては狙ってみるのだが、距離感がつかめず逃げられるわ、『ハネエビ』の着水音が抑えられず逃げられて続けて、チヌにアプローチすらできぬままノーフィッシュ。悔しい結果となった。

見えたチヌを逃さず4連発(村上氏)と、見えたチヌすべて逃げられボウズ(編集部スタッフ)。

釣果の明暗を分けたのは、魚との「距離感」とルアー着水時の「音」である。

編集部スタッフは、ルアーセレクトやアクションうんぬんの前に魚と勝負できる状態に持っていくことができなかったのである。

チヌに気配を感じさせない距離の取り方、そして着水音を抑えたキャスト。

これらを村上氏は自然に行っていたのである。

後日この話を村上氏に伝えると…

「いや、それはホメすぎやと思うで」

そう言われたがこれは幾度も見える魚を釣ってきた経験値のなせる技、自然すぎるほどにできているから、本人はたいしたことがないと思ってしまうのだろう。

いつかはカッコよく仕留めてみたいものだ。

ハネエビの関連記事はこちら! 「キレキレワイドーダートアクションが誰でも簡単にできる!  Close-up『海太郎 ハネエビヘッド太軸金鈎』」

これがそのときの村上氏のタックル。「ラインとリーダーが細いから、ドラグちょい緩めでアワセも緩めにしとかんと高切れするかもね」。タックルバランスにあった力加減もきちんと行っての釣り。やっぱり「たまたま」なんてことはない
Related Articles

タチウオは苦手! そんな村上晴彦が本気で作った専用ルアー『海太郎 カタクチワームセット 太刀魚仕様』

「僕にとってタチウオってちょっと前まで苦手意識がある魚やったんですよ。それが少し解消される…

なぜか相性がいい? 村上晴彦と島根県浜田市

ボウズになったことがない、記録魚を釣ったなど、釣り人には誰しも「相性がいいフィールド」とい…

釣果を分ける些細で大きな違い ワームの「サイズ」 と「カラー」 ライトゲーム編

数年前の広島でのアジングで村上氏が見せてくれたワームのサイズとカラーの大切さがわかるエピソ…

トップへ戻る
error: Content is protected.