Skip to content
プロアングラー・村上晴彦&赤松健を擁する
ルアーブランド・ISSEIの情報サイト

キレキレワイドーダートアクションが誰でも簡単にできる!  Close-up『海太郎 ハネエビヘッド太軸金鈎』

『海太郎 ハネエビヘッド太軸金鈎』

村上晴彦氏が創り出したこのジグヘッドは、『海太郎 ハネエビ』1.5インチと組みわせることで、誰でも簡単にキレキレのワイドダートアクションが生み出すことができる。

その秘訣は水切れのいいヘッド形状と、その力を最大限に引き出すラインアイの位置バランスにある。

「ワームのセット方法にちょっとコツが必要なんですけど、それができれば誰でもロッドをチョンッとシャクるだけで気持ちよくダートしてくれます」

『海太郎 ハネエビヘッド太軸金鈎』(以下:ハネエビヘッド)のラインナップは2g、3g、5gの3種。ウエイトが違っていても3種とも同じアクションになるように設計されている。

「ハネエビヘッドは最初に造ったのが3gだったんですよ。3gならそれなりに遠投できるし、少々深い場所でも、流れがある場所にも対応できるんです。でも使っていくと、やっぱりもうちょっと軽いのと、もうちょっと重いのが欲しくなって、2gと5gを造りました」

ウエイトを増減させるにあたって、村上氏がもっとも気を遣ったのは、ウエイトが違ってもアクションが変わらないことだった。

「重さが変わって動きのキレも変わったら、それはもうハネエビじゃないですからね。だから3種ともで同じようにキレのあるダートアクションが生み出せるように設計したんです」

コツはウエイトの増減のさせ方だった。3ウエイトを並べてみると、水を切る独特のヘッドの形状はほぼ同じであることがわかる。

違いは底面部。2gは3gよりフラットにし、5gは3gよりもボリュームを持たせてある。この部分でウエイトを増減させることにより、ヘッド形状を変えず、3ウエイトともキレキレのダートアクションを実現することができた。

このアクションをそのままに、マイクロ化させたのが『海太郎 マイクロハネエビヘッド小鈎』、サイズアップさせたのが『海太郎 デカハネエビセット』というわけだ。

「納得のいく大小のハネエビがそろいました。ダートアクションって、いろんな魚に口を使わせるスイッチを入れさせることができるんですよ」

チヌを連発させたのもこのルアー
サイズとウエイトをアップさせた『デカハネエビ』。キレキレダートアクションは健在。タチウオもこのとおり!(写真は海太郎フィールドスタッフの村田勇氏)

村上晴彦入魂のハネエビヘッド。キレキレダートアクションをぜひ体感してみよう!

写真はデカハネエビのバスエディション。そう、ハネエビのアクションはバスにも有効なのだ。というわけで、オンラインショップ限定でバス仕様の『ハネエビ&ハネエビヘッドセットfor BASS』もリリースされている(お買い求めはお早めに!)
ハネエビの海中アクションをチェック!
キレキレダートアクションはロックフィッシュ攻略にも必須
デカハネエビでタチウオ連発! 水深が浅めの博多湾タチウオ攻略には欠かせないルアーです
デカハネエビでバスを仕留めるシーンが9:10から視聴できます
Related Articles

タチウオは苦手! そんな村上晴彦が本気で作った専用ルアー『海太郎 カタクチワームセット 太刀魚仕様』

「僕にとってタチウオってちょっと前まで苦手意識がある魚やったんですよ。それが少し解消される…

釣果を分ける些細で大きな違い ワームの「サイズ」 と「カラー」 ライトゲーム編

数年前の広島でのアジングで村上氏が見せてくれたワームのサイズとカラーの大切さがわかるエピソ…

ISSEIルアー誕生Episode 柔軟な発想が生んだ『ピンクロウスティック』

isseiにおけるフワ釣りのスタンダードワーム。それが『ピンクロウスティック』だ 『ピンク…

トップへ戻る
error: Content is protected.