Skip to content
プロアングラー・村上晴彦&赤松健を擁する
ルアーブランド・ISSEIの情報サイト

よく釣れるから? 理由はそれだけにあらず! 村上晴彦が広島までボートアジングに行ったワケ

〈この記事を音声読み上げで聴く〉

ボートアジング、ディープアジング、バチコンといった言葉が生まれる前から、村上氏はボートに乗ってさまざまなスタイルでアジを釣っていた。

釣るのも楽しいが、釣ったアジを味わいたいのだ。

常々「日本全国のアジを釣って食べ比べしたい」と言っているほどである。

こんな考えがあるので、旨いアジのためなら遠征も厭わない。

というわけで今回は広島県呉市仁方港を拠点とする「海猫丸(うみねこまる)」さんに乗船することに。

3本のロッドを積み込んで準備は万端。旨アジとの出会いに心踊る村上氏

「昔ここの海域のアジを釣って食べたことがあるんやけど、ヤバいヤツやで」

そう、船長の中さんが案内してくれる安芸灘という海域で釣れるアジは、小さくとも丸々している良アジ。

地元では「太豆アジ」なんて呼ばれ方もされている。とても旨いアジなのである。

場所次第では30cmオーバーの良型アジも釣れるという…。

「これは釣らんと(食わんと)アカンやろ」

さっそく出かけることにし、2023年の10月中旬に釣行となった。

船長の中さんからは「港から5秒くらいの近場で小さいのを釣って、そのあとで沖に良型を狙いに行きましょう」との説明があった。

釣り場が近いと「5秒」なんて言い方をするものだが、本当に5秒で釣り場に着いた。船長マジですか?
(※:仁方湾内は、船では地元の組合員しか釣りできないそうです。中船長は組合員なのです)

村上氏はさっそく『レンジ移動式バチコン仕掛』『バルキースパテラ』『サビキ的』『スパテラ』をローテしてアジを釣っていく。

その名の通り、幹糸から出ている枝バリのレンジが変えられる対応力の高い、村上氏考案の仕掛け。海域関係なしの対応力の高さも魅力
うわさに違わぬ「太豆アジ」にうれしそうな村上氏。サイズ以上に引きも強い

続々ヒットするアジは15cmクラスの豆アジだが、たしかに太い! 

「これはエエアジやな」

ひとしきりアジを釣り、潮どきを見計らって沖へ。そこは激流釣り場だった。

初めての難関フィールドに少々手こずった村上氏だったが、自作胴突き仕掛けと『浜キャロロケット』5号と『スパテラ』1.5インチでアジャストして、25cmオーバーの食べごろアジをキャッチ。

場所移動後に狙いどおりの良型。これもすごい体高である

そのあと、シーバスが表層をウロウロしているので、辛抱たまらんと、村上氏は『レベリングヘッド』0.3gと『サビキ的』のジグヘッドリグを表層に漂わせるようにリトリーブするとヒット。シーバスと疑わなかった村上氏だが、上がってきたのはなんとデカアジ!

表層にはアジもいた! これぞ激流に揉まれた極上のアジ

このアジがとんでもないコンディション。

村上氏をして「ヤバい!」と言わしめるほどだった。

船長の話では、春ごろは40cmクラスのアジが出ていたという。夏が来て、食いが落ちてもこのサイズが狙える、しかもこんなコンディションのアジである。村上氏の脳内リストに安芸灘アジが再認識された夜だった。

釣ったアジの内臓脂肪のすごいこと! これが安芸灘のアジだ
なんだかんだイケスはアジでにぎやかに。大きさが際立つ34cm

取材協力:海猫丸(中船長)

太豆アジを釣ったメインタックル
ロッド:海太郎 「碧」IUS-72ULS-HN2「ハネエビ」
リール:イグジスト 2000
ライン:PE0.2号
リーダー:1.5号
仕掛け:海太郎 レンジ移動式バチコン仕掛け 10-1.5
シンカー:海太郎 ヌケガケロケット 10号
ワーム:海太郎 サビキ的、バルキースパテラ1.8インチなど

良型アジを仕留めたタックル
ロッド:海太郎 「碧」IUS-72ULS-HN2「ハネエビ」
リール:イグジスト 2000
ライン:PE0.2号
リーダー:1.5号
仕掛け:自作バチコン仕掛け(幹糸2号、ハリス1.75号)
シンカー:issei✖️ZAPPU 浜キャロロケット 5号
ワーム:海太郎 スパテラ 1.5インチ

これは当日の模様。とにかくうれしそうな村上氏に注目です
記事の釣行の翌日は「フィッシングトリップ」のロケ。この日は強風で場所が限られ、湾内のみだったが「太豆アジ」連発でした!
『レンジ移動式バチコン仕掛』は場所を変えても釣れる釣れる! 福岡北九州の洞海湾でも爆釣!
Related Articles

タチウオは苦手! そんな村上晴彦が本気で作った専用ルアー『海太郎 カタクチワームセット 太刀魚仕様』

「僕にとってタチウオってちょっと前まで苦手意識がある魚やったんですよ。それが少し解消される…

なぜか相性がいい? 村上晴彦と島根県浜田市

ボウズになったことがない、記録魚を釣ったなど、釣り人には誰しも「相性がいいフィールド」とい…

釣果を分ける些細で大きな違い ワームの「サイズ」 と「カラー」 ライトゲーム編

数年前の広島でのアジングで村上氏が見せてくれたワームのサイズとカラーの大切さがわかるエピソ…

トップへ戻る
error: Content is protected.