Skip to content
プロアングラー・村上晴彦&赤松健を擁する
ルアーブランド・ISSEIの情報サイト

ヒットパターンを見つけて食い渋りハマチを攻略! 村田勇の『ネコメタル』戦術

2023年の12月初旬、長崎県平戸市の白浜港から「釣遊丸(ちょうゆうまる)」に乗ってジギングで青物を狙いに出かけたのは、海太郎フィールドスタッフ・村田勇氏。

快晴、凪に恵まれた釣行日。期待は高まるが、待っていたのは低活性の海だった

メインの釣り場となったのは、平戸島の西の海域。水深は60mエリア。

この日は魚探に出る青物の反応とは裏腹に、ジグへの反応は非常に薄かった。

しばらく様子をうかがって、魚の活性を読み取った村田氏は攻略に打って出た

村田氏は、『ネコメタル』120g、150g、『ネコメタルTG』150gに『ネコメタルロング(プロトモデル)』150gをローテしながら、カラーもさまざまに替えていき、ついにヒットパターンをつかんだ。

そのパターンとは、『ネコメタル』をボトムヘビーセッティングにし、フロントフックは『クワレルアシスト』5/0、リアにはフックを付けず、自作のティンセルをセットしたもの。カラーは「#023 金銀グロー」だった。

ボトムヘビーセッティングでフロントにフック1本、リアにはティンセル。カラーは「金銀グロー」だ

「『ネコメタル』はトップヘビーセッティングにすると、水を切って左右へキビキビとアクションをしてくれるんですが、今日の魚はこれを好まないんです。そこで動きを抑えるために、ボトムヘビーセッティングにして、リアにティンセルを付けたんです」

『ネコメタル』はボトムヘビーセッティングにしてシャクると、水になじんでぬめっとした泳ぎになると村田氏。くわえてリアにティンセルを付けて抵抗体にし、ジグをもっと水になじませてより艶かしい動きになるように仕向けたという。

あとはティンセルがフォール時も抵抗を生むので、ジグのフォールスピードわずかに緩める。そのフォールスピードも効いているのだろうとのこと。

では「金銀グロー」に偏りがあるのはなぜだろうか?

ヒットパターン確立。ここから村田氏はより釣れるパターンを探していくことに

「この時期、青物のベイトになっているのはアジとイワシなんですが、アジのときは金がいいし、イワシは銀、その両方に対応できるカラーだからというのもあるんですが、一番はジグをシャクる、フォールで金と銀を交互に見せられる。その煌めき方に魚が反応してくれているんだと思います」

スピニング3本、ベイト1本を持参。スピニングは3本ともパワー違い。ジグアクションの強弱とフックの大きさで使い分ける。ベイトはフォールスピードを抑える、ジグをこまかく操る場合に使用。これはissei✖️beat『海太郎 ネコシャフトIU×BT-C672-3』ALLROUND_SLOWJIGGING #3
トップヘビーセッティングにして、ジグの動きを繊細に操ってのヒット
『ネコメタルロング』(プロトタイプ)もボトムヘビーセッティングが良い日だった
ラストはサワラ。これは『ネコメタルロング』でヒット。ここぞというタイミングでジグをチェンジしてヒットにつなげられるのは村田氏の経験の深さによるものだ

結果、ハマチは2ケタ、サワラも出て好釣果となった。村田氏の海況の読みと判断、そしてネコメタルの使い方が見事にマッチした釣行となった。

タックルデータ
スピニング①
ロッド:ダイワ/キャタリナ J61MHS
リール:ダイワ/ソルティガ 4000H
ライン:PE3号
リーダー:フロロカーボン 16号

スピニング②
ロッド:ダイワ/ソルティガR 64S-3
リール:ダイワ/セルテートSW 5000H
ライン:PE3号
リーダー:フロロカーボン 14号

スピニング③
ロッド:ダイワ/ソルティガBJ 60XXH
リール:セルテート 3500H
ライン:PE2号
リーダー:フロロカーボン 10号

ベイト
ロッド:issei/はissei✖️beat『海太郎 ネコシャフトIU×BT-C672-3』ALLROUND_SLOWJIGGING #3
リール:ソルティガBJ 200SH
ライン:PE2号
リーダー:フロロカーボン 10号

取材協力:釣遊丸(ちょうゆうまる)/金子船長
長崎県平戸市平戸島の白浜港から出船。季節に応じてさまざまな釣りへ案内してくれる。

当時の模様を動画でもチェック!
Related Articles

タチウオは苦手! そんな村上晴彦が本気で作った専用ルアー『海太郎 カタクチワームセット 太刀魚仕様』

「僕にとってタチウオってちょっと前まで苦手意識がある魚やったんですよ。それが少し解消される…

釣果を分ける些細で大きな違い ワームの「サイズ」 と「カラー」 ライトゲーム編

数年前の広島でのアジングで村上氏が見せてくれたワームのサイズとカラーの大切さがわかるエピソ…

トップへ戻る
error: Content is protected.